オーブン紹介|ピザ・焼き野菜なら遠赤外線オーブン「炭の力」<株式会社プリズム>

株式会社プリズム

オーブン紹介

遠赤外線ナノカーボンオーブン「炭の力」のページにようこそ

ここでは、「炭の力」を詳しくご紹介させていただきます。
開発の経緯
弊社代表は、ドミノピザに勤務し、創業当時から商品開発に携わり、どのようにしたら誰でも簡単にピザを美味しく早く焼き上げることができるのかを長年追究してまいりました。
その研究を踏まえて、独立後は機械(オーブン)に注目し、高品質なピザを焼くことができる機械の開発に着手しました。
まず、過熱蒸気を使用したオーブンの開発から始めました。しかし、このオーブンは優れているもののかなりの電気代がかかってし

オールスターミートピザ

まうことがわかりました。特に東日本大震災後、やはり省エネで環境にやさしい製品でなければならないと痛感し、新しく遠赤外線を使用したオーブンの開発を始めました。
開発していく中で、いろいろな問題点を一つずつクリアして、ようやく現在販売しているこの「炭の力」を完成することができました。

だれでも簡単に

「炭の力」の特長とコンピュータ制御機能
このオーブンは、遠赤外線の波によって焼成するため、素材を痛めることなく、その持ち味を十分に生かすことができる画期的な機械です。
コンピュータによって制御することにより、焼成する素材に合わせて上下ヒーターの温度(熱量)と時間を100種類プログラミングすることができます。
一度プログラミングしてしまえば、番号を押すだけでだれでも簡単に焼き上げることができます。
再加熱機能
「炭の力」は再加熱でも優れた機能を持っています。
電子レンジのマイクロウェーブは、身体に良くないと言われており、細胞を破壊し素材が持っている水の分子を振動させて温めますので、加熱後時間の経過とともに商品は硬くなってしまいます。
しかし、遠赤外線は人の身体にはきわめて良い波長とされており、細胞やビタミンを壊さずに温めます。甘くホクホクとして食感になり時間経過しても商品は硬くなりません。

再加熱機能

製品名 遠赤外線ナノカーボンオーブン「炭の力」
MODEL JC−3200
外観材質 STS(ステンレス)
定格電圧 単層200V 50−60Hz
消費電力 3200W
加熱Heater Lamp
200V 540W*6個
料理内部寸法 363mm(幅)135mm(高さ)370mm(奥行)
外観寸法 620mm(幅)445mm(高さ)530mm(奥行)
重量 約27.6kg
余熱温度 150℃〜160℃(温度センサー感知温度)
安全装置 加熱帽子FAN MORTOR適用(70℃センサー動作)
温度加熱防止センサー適用(350℃電源遮断)
温度、電流bimetalセンサー適用
漏電遮断機適用(250V 30A)
付属品

このページの先頭に戻る